これだけある!タイプ別青汁の種類

青汁といえば一般的には「液体タイプ」が連想されますが、実際にはいろんな種類があります。
まずは一般的な「冷凍タイプ(液体タイプ)」。
製造した青汁をそのまま冷凍しているので鮮度は抜群!
冷凍してあるので長持ちもします。
ただ、そんな大きい冷凍庫が無い・・という人には「濃縮タイプ」もあり。
水分を抜いて凝縮してから冷凍するので場所を取らず、解凍したら水などを加えて飲みます。
ただ、どちらも「青汁そのまま」なので、ひたすらマズイのは覚悟です。
上級者?
や罰ゲーム用途以外は大麦若葉をチョイスしたいところ。
何かに混ぜて飲んだりするのに便利なのは「粉末タイプ」や「顆粒タイプ」、「フリーズドライタイプ」。
そのまま水で戻してもいいですが、他の飲み物や食べ物に混ぜる事で、青汁の美味しくない面を意識せずに摂取できます。
特に急速凍結・真空乾燥させるフリーズドライタイプは高熱処理をしないので栄養素を損なわないというメリットもあります。
とにかく忙しい日々の中で、ちょっと手を伸ばしてはつまんで口にポイ・・という時に良いのが「青汁粒タイプ」「錠剤タイプ」。
どちらも青汁を加工してサプリメント状にしたもので、元の青汁からかなり凝縮しているので、他のサプリメントと違って何錠も飲まないといけません。
でも、一度に飲まなくても良いので、長い時間の中で少しずつでもいいから、という人にはいいですね。
青汁の苦味も一番少ないです。
またこちらの青汁の体験談についても参考にご覧ください。